国保中央会介護伝送ソフトで業務の効率を高める|介護業界必須

介護

データの管理が楽になる

老人

訪問介護事業運営の一助となります

昨今の日本では介護事業の重要性が高まっています。これから数十年にかけて、老齢人口の比率が高まりますが、介護業界に勤めたいと希望する方は増えておらず、サービスの需要が高まることが予想されます。 その中で重要な役割を持つのが訪問介護です。要介護度を問わず、自宅を訪問し介護を行い家族の負担を減らすことができます。 訪問介護を行う企業は介護ソフトを導入することで業務効率を上げることができます。また、実際に家庭を訪問するスタッフも、介護ソフトを利用することで提供したサービスや変化点を日誌形式で報告することができます。上長不在時でも報告を行えるため、効率的な訪問介護スケジュールを立てることができ、メリットがあります。

介護ソフト導入によるメリット

訪問介護事業者が介護ソフトを導入すると以下のメリットがあります。 1つは介護者の様子がわかることです。訪問介護は自宅を訪問するスタッフのみに本人と家族に接点があるため、本部では介護者の変化がわかりにくいことがあります。介護ソフトによる日誌を確認することで、通所介護への切り替えなど対応することができます。また、急にスタッフが休みになる場合など、代わりのスタッフが何のサービスを行えばよいかがわかります。2点目は介護報酬の申請業務です。訪問介護の勤務記録を基に介護報酬を申請できるので、データの集計が非常に簡単になります。3つ目は他機関とのデータの連携です。同じ法人が経営する通所介護や入居介護部門とデータを共有することで、適切なサービスがわかります。

Copyright©2015 国保中央会介護伝送ソフトで業務の効率を高める|介護業界必須 All Rights Reserved.