国保中央会介護伝送ソフトで業務の効率を高める|介護業界必須

介護

デモで使用してみる

女性

介護ソフトを導入するメリットとは

介護の保険等の計算や社員の給与等の計算が大変な時にソフトを使用すれば仕事の効率は上がると思います。様々なタイプの介護ソフトがあります。データで一目見ればわかる環境だと仕事もスムーズですし、社員で共有する際や引継ぎをする際にもスムーズに行うことができるのではないでしょうか。通所介護(デイサービス)を例に上げてみると、通所介護(デイサービス)利用者向けの予定表の作成や送迎の時間の管理、行事やお知らせなどもソフトでできます。画面で、通所介護(デイサービス)予定利用人数やキャンセル人数行事や予定を一目で見れることができます。事業所の稼働状況が一目で見ることができますので、伝え漏れなどを防ぐことにより通所介護利用者の方の満足度も上がるのではないでしょうか。

ソフトを導入する時のポイント

介護ソフトには様々なソフトがあります。まずは、施設の状況に合うソフトを見つけること、それに忘れてはいけないことが職員が使いやすいソフトであることが一番重要です。項目や設定が細かいソフトがいい方もいれば、そうじゃない施設もあるでしょう。使う人が何を求めているのかを十分に話し合うことが重要だと思います。ソフトによっては施設によって設定を変えられるソフトもあるかと思います。何をソフトで利用するのかを明確にして、施設にあった介護ソフトの導入が良いかと思います。やはりコスト面もかかります。利用してみないとわからないこともあるかと思います。介護ソフトによっては無料で利用できたり、デモで使用してみることができますので販売会社に聞いてみるのもいいと思います。

Copyright©2015 国保中央会介護伝送ソフトで業務の効率を高める|介護業界必須 All Rights Reserved.